カラコンに絶対安全はないと自分に言い聞かせる

カラコンに絶対安全はない
韓国カラコンだけに限らずどんなカラコンでもそうですが、着けるからにはお手入れや目のケアのことをきちんと考えてつけないとだけですよね。

今日は結構まじめな話です。どのカラコンがいいとか、ロデオで好きな色がどうとかっていう話ではなく、カラコン全般において、着けるからにはしないといけないことがいろいろあるなって話なんです。
別に大した内容でもなくて、聞いたことがあることばかりかもしれませんが、まあ自分自身、きちんと頭に入れておくべきこととして書いています。
まずカラコンを着けるとなると、眼科に行くのは必須ですね。
初めてなら、まずは受診して目のことを調べてもらう、買った後なら、定期的に受診するといったことです。なぜそんなに大事かっていうと、特に定期的に受けるほうは、予防のためにもなります。
自分自身は目に特に違和感ないから大丈夫って思ってても、実は目の病気なりかけてるってことも考えられます。
そんな時にきちんと眼科を受診してると早く分かることもあるでしょうからね。
案外、こういった定期的に受診するってのをしてない人が多い気がします。圧倒的に多いんではないかな。気軽に着けてる感じがしてちょっと怖いなって思うこともあります。
確かに通販だと、処方箋もいらないところが多い、というか、ほとんどいらないんではないかな、となると面倒なことはしないって思うのかもしれませんね。
でも後で後悔することになるかもしれません。食べ過ぎて、太ってしまうってのとは違って、取り返しがつかないことも起こり得るということを考えておいたほうが賢明ですよね。
カラコンをつけて失明したという友達はいませんが、もしかすると、そういう人もいるのかもしれません。どういう状況でそうなるのかは分かりませんが、眼科を受診してたら防げたかもしれないことですよね。
体調管理のために、人間ドックを受けたりするのも一緒です。何か起きてからでは遅いこともあるってことを肝に銘じておいたほうがいいのではないかなと思います。ロデオはキャストモールド製法なので薄いと言われています。薄いから安全というより、装着感が良いと感じるのかもしれませんね。ロデオの装着感は評判良いと思いますし。
それでも、とにかく専門医に常に目の状態を診てもらわないと怖いですものね。医師によってカラコンに対する考え方も違うと思いますが、それなら、目の状態を調べてもらうだけでもいいと思います。しつこいようですが、オシャレのために目の病気なるなんて悲しいことですものね。
気づいたときに韓国カラコンの虜になっていたのならそれは尚更です。